The Chemical Brothers – Wide Open

The Chemical Brothers – Wide Open ft. Beck
この曲は知っていた。

去年。ああ、もう一昨年ですか…

秋ごろからだったか、BBCラジオを聞いているとしょっちゅう掛かっていた。
その時は、
ああ、ケミカル・ブラザーズのニューアルバムが出たんだ…
ほぅ。今度はベックと一緒にやってるんだ…
ケミカル・ブラザーズも随分とポップになったもんだな…
くらいに思っていた。
いい曲だとは思っていたけどね…

で、先日いつものようにYouTubeでゴソゴソと音楽動画を見ていた時、おすすめに有ったちょっと気になるサムネ画像の動画がこれ。


何気にクリックして、イントロが始まってボーカルの出だしくらいのところで、一気に引き込まれた。
その世界観というのか、ストーリー性なのか、まさに僕の琴線をつかんでワサワサと揺さぶられた。
なんだろう? 何がそんなに僕の琴線に触れるのだろう?
自分でもよくわからないな…

大きな撮影スタジオのバックヤードみたいなシチュエーション。
登場するのもダンサー一人だけ。ダンサーは東洋的な顔立ちの華奢な体つきをした、女性ダンサー。
もし仮にこれがグラマラスな西洋的な、いわゆるモデル風味だったらそもそも、サムネを見てクリックしただろうか?

簡素なセットに少し神秘的な香りのする東洋系のダンサー。
この組み合わせが凄く良い。
ミニマムな画面構成でシーンの展開も無し。
ただガランと広くて、殺風景な空間をダンサーが踊り動き、それを一台のジャイロカメラで追いかけるだけ。
これが良いよね。こういうのすごく好きだな。

そして、曲の進行とともにダンサーの体の一部分づつがCGに変わっていく。
なんだかよく出来た、意味深なSF映画を見てるような気がする。
リドリー・スコットの作品のワンシーンみたい。
何かを暗示しつつ、無機質なモノへと変化していくダンサー。
何を暗示したかったのかはわからないけど、作り上げている世界観には共感できそうな気がする。

エンドロールにダンサーのクレジットが載ってたのでググってみた。
Sonoya Mizuno

日系人だったんだね。
イギリス生まれ。
ロイヤル・バレエでバレエを勉強していくつかのバレー団に所属してたらしいので、あのダンスは本物だったんだな。

驚いたことに、モデルに続いて最近では映画にも出るようになって、実際にアカデミー賞を取ったSF映画に出演しているのだそうだ。
リドリー・スコット作品に登場するのも現実のこととなるかもしれない。

僕はもう何年もテレビを持っていないので知らなかったけど、ユニクロのコマーシャルに出てるそうなので、もしかしたらとっくに有名な人で、僕が知らなかっただけなのかもしれないな。

 

Top